出世はメリットだらけ!現役管理職が出世について大解剖

あなたは出世目前、もしくは出世までもう少し!ってところでこのような不安を抱えていませんでか?

 

「出世ってデメリット多くない?」とネガティブな事を探し出し、メリットが多い事はさておき、「しんどい」「責任が重くなる」とネガティブなことばかりに焦点がいってませんか?

 

はっきり言いましょう。

「出世はデメリットが多い!」それは嘘です。

あなたは、周りの嘘の情報をインプットされている可能性があります。

 

上司や周りの方を見てください。

出世してる人で、すすんで降格したいと思っている人はいますか?

もちろん全員とは言いませんが、9割の人は今の地位から落ちたくないと思ってます。

 

なぜ?

理由は、出世する前よりメリットが多いからです。

 

そもそも世間一般で言われている「出世するとしんどいねんなぁ」ってのは、出世してない人が想像で言ってるだけですし、出世した人から聞いた話でも、自分の立場はきついんだ、大きな仕事してるんだ、ストレスかかるんだ、そんな大変な仕事をこなしてる「俺凄いやろ!」の「出世するとしんどいねんなぁ」が大半です。

 

結局、「俺凄いやろ!」なんです。

 

ですので、ただの噂や経験したことのない、そして出世してる人の話を100%鵜呑みにすることはよくありません。

 

そこで、現役で10年以上管理職に就いている私が、出世することはメリットが多いということを本音でお伝えしていきます。

 

一般的に言われる出世のメリット、デメリットとは?

メリット

 

一般的に出世のメリットであげられる項目は以下の5つになります。

・給料が上がる

・ステータスが上がる

・やりがいが増す

・組織を動かすことができる

・自己成長が感じられる

 

給料が上がる

これは代表的な出世のメリットですね。

 

給料が上がれば、奥さんは喜びますし、子供に経験させてあげれる幅が広がり、その生活を作り出せている自分にも高揚感を感じることができます。

 

細かい事を言えば、食材も国産を選択できたり、外食だってできます。旅行好きの方なら年に3回くらいは好きなところへ行けます。

 

お金に余裕ができると生活、心に余裕ができ、思っている以上に生活水準は上がります。

 

ステータスが上がる

出世し、肩書がつくことによって周りからの尊敬のまなざし、そして名刺を出した時の優越感など、社会的な地位が明らかに上がります。

 

人は承認欲求が強いため、この部分は非常に自分を満たしてくれますね。

何より、人は現状を維持しようとするので自然とモチベーションもあがり、学ぶ事が好きになっていきます。そして、学びだすと更に成長し、どんどん出世前の自分とは差がつきます。

 

やりがいが増す

出世するとチームや組織を動かす立場になります。

 

これまで自分の事さえしていればどうにかなっていたのが、部下のこともマネージメントするのが役割となり、会社に求められる仕事のレベルが高くなります。

 

又、部下をもつという事は、自分の人材育成や評価次第で部下の人生を左右することなり、大きな仕事を任されることにやりがいを感じるようになります。

 

自分の存在が様々な人に影響するすることを知ると、これまでより自分が大切になりますし、部下の事もこれまでとは比べ物にならないくらい大切に思うようになります。

 

マインドがガラッと変わり、「よしっ!」と気合が入るものです。

 

組織を動かすことができる

出世後の役職にもよりますが、出世するとチームや組織をまとめる立場に就きます。

 

これまでは提案や意見を聞いてもらっていたのが、逆に聞く立場になり、決定権を得ることになります。

あなたは何人かの意見を聞き、その中で最善のものを導き出し答えを出す。

 

これはまさに、やりがいに繋がります。

 

自己成長が感じられる

出世すると、部下の人材育成、チームなどのマネジメントなど、これまでより視点の高い仕事をしていくことになります。

 

人材育成では、強み弱みを見極め、その人に合った教育を行う必要があり、マネジメントも同様、個々の能力に合った人材配置や仕事の分配など会社の中でレベルの高い仕事を任されるでしょう。

 

そんな環境の中で毎日を過ごしていると、自分が明らかに成長していることを感じることがでるのです。

 

それでは、次にデメリットを見ていきましょう。

 

それって本当にデメリット?

一般的に出世のデメリットであげられる項目は以下の5つになります

・責任が重たくなる

・仕事が忙しくなる

・部下の面倒を見なくてはならない

・ストレスが増える

・プライベートの時間が減る

 

責任が重たくなる

特にデメリットの意見で集中するのが「責任が重たくなる」です。

 

しかし、どうでしょう?

責任といっても、

・部下が取引さまに怒られたら一緒に謝りに行く(部下のミスは上司のミス)

・自分のチームや組織の成績が悪かったら上の人からガミガミ言われる

・部下の教育

こんなものではないでしょうか?

 

しかし、部下もミスを犯したら取引先に謝りに行きますし、成績が悪かったら上司から何かしら言われてると思います。

部下の教育についても新入社員の後輩が入ってきたら先輩が教育してあげていると思います。

 

同じじゃないですか?

 

別に出世したからといって出世する前と責任なんてそんなに変わりません。ただの思い込みです。

 

仕事が忙しくなる

これも少し勘違いが入っています。

何年、何十年と日々同じような仕事をしてきたところに、出世することにより仕事の種類が変わります。量が変わったのではなく仕事の種類が変わっただけです。

 

そりゃ何年、何十年してきたことは、身体に染み付いているためサッサと要領よくこなせます。新入社員とあなたとでは、経験年数がちがうため、同じことをやってもあなたの方が早くできますよね。それと同じです。

 

出世するとそのランクの新入社員と同じです。(経験値があるのでちょっと言いすぎですが・・・)仕事が変わると新たに覚えることも多くなり、時間がかかるのは当たり前です。これを仕事が忙しいと勘違いしてしまうのです。

 

出世するという事は、能力があるという事です。

すぐに慣れてデメリットと思うほどの忙しさはなくなります。

 

部下の面倒を見なくてはならない

確かにチームをまとめる立場になれば、部下の面倒を見る必要はでてきます。

それが上司の務めなのであたりまえです。

 

あなたが評価され、出世までもう少しなのであれば、部下の人材育成をすることで視点が変わり、更なる自分の成長につながるということを知っておいてほしいと思います。むしろメリットなのです。

 

ストレスが増える

これも勘違いです。

 

増えるのではなく、種類が変わるだけです。

部門が変わる、役職が変わると当然、こなす仕事も変わってきます。ストレスの種類も変わります。その「変わる」を「増える」と思い違いをしているだけです。

 

プライベートの時間が減る

これもどうかな?と思います。

もちろん始めは立場が変わり、仕事の種類が変わるので時間がかかりプライベートの時間も多少減るかもしれませんが、慣れれば要領も良くなりますし、自分である程度好きなように動けるようになります。逆にプライベートの時間は増えます。

 

視点を変えよう!出世はメリットだらけ

一般的にいわれているメリット、デメリットをみてきましたが、いかがですか?

①上司になったことがない人が想像で言っている

②他の人の話を聞いた情報を話している

③実際に上司から聞いている

この3パターンがほとんどだと思いますが、①②は論外として③も先ほど書きましたが、出世した人は、自分の仕事は大変なんだ!その仕事をこなしている俺すごいやろ!からくる「出世したら大変やで」なんです。

 

出世したら本当にメリットを越すほどのデメリットが多くあるのか。

落ち着いて真実を見てほしいと思います。

 

私は今の会社に入社3年で管理職になり、それから10年以上が立ちます。

振り返ってもメリットばかりですし、今もそう思っています。

 

業種や会社によってメリットの中身は様々ですが、私の経験でお話しますと

・給料が一般社員より多い

・家庭内でのお金のトラブルがなくなる

・退職金のための会社貯蓄や確定拠出年金の投資額が年間で一般社員の4~5倍近くある

・ステータスがあがる

・親、親戚、妻、知り合いから「凄い」と思われる

・名刺出すときプチ自慢

・部下から報連相によって様々な情報が入ってくるから一番の情報通になる

・部下と接することが多くなるため、人間性が磨かれる

・自分が行きたい方向に舵を取れる

・上司の立場になると視点が変わり、一気に成長できる

・スケジュールの融通が利く

・一般社員でいた時の悩みはなくなる

出したらキリがないくらいたくさんあります。

 

給料があがるのは、もちろんメリットではありますが、それ以上に仕事に誇りが持てますし、マインドが急成長し、物事を見る視点、会社を見る視点、家族を見る視点、世の中を見る視点がガラッと変わることが最大のメリットではないかと思います。

 

文中で捉え方次第というお話をしましたが、自分のマインドが成長することで物事をポジティブに捉える癖がつき、結果デメリットという単語が自分の中からほとんど消えます。

 

昔わからなかった事が、今の立場になってわかりました。

世界が一気に広がりましたし、さらに上には上の世界があることも認識しました。

 

そういう意味では、出世自体が最大のメリットです。

 

あなたが楽しい毎日を送るために

あなたは何のために仕事をし、生きていますか?

叶えたい夢は何でしょう?

 

人は死ぬときに後悔するのは、「やった事」に対してではなく「やらなかった事」に対してだと言います。

「もっと子供と遊んどけばよかった」

「もっと仲間と旅すりゃよかった」

「もっともっと家族を大切にしときゃよかった」

「もっと妻と旅行したらよかった」

「もっとバリバリ働けばよかった」

「もっと出世したかった」

「もっと一生懸命生きればよかった」

と「もっともっと・・・」のオンパレードです。

 

時間は有限です。

全てを叶えることは厳しいでしょうが、自分が叶えたい夢を一度、真剣に考え、そして定期的にチェックし、その目的のために時間を費やしてください。

きっと毎日が今より楽しくなります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

世の中で言われている出世のメリット、デメリットは経験したことのない人が言っている幻想、そして出世した人の「俺、凄いやろ!」の自慢からくる嘘の発言がほとんどです。

 

確かに出世し、管理職にもなればこれまでとは違った大変さはあります。

しかし、出世前の今も大変なことはいっぱいありますよね。その種類が変わるだけです。

 

実際は出世=メリットです。

 

あなたは出世したいけど、世の中の嘘のうわさに惑わされているだけです。

出世した方がいいに決まってます。

 

一度、じっくりと自分は何をしたいのか、そのためには何をし、どうなることが必要なのかを考え行動に移してください。

 

出世はあなたの成長の証、そして更なる成長の場です。

是非、出世し刺激を受け、楽しい毎日を過ごしてください。

おすすめの記事